CMSでブログの様に自分で簡単ホームページ作成・更新・方法!【ラクマス(旧Note(ノート) CMS)】

 

 
 
 
 
 

新型コロナウイルスの影響に伴うお客様サポート窓口の対応について知らせ ⇒ ⇒

ご利用規約

 旧Note CMSのご利用規約がご覧になりたい方は、こちらのページをご覧ください。

 

第一章 総則

第1条 (定義)

弊社
:本サービスの運営者

本サービス
:ホームページを作成・管理・公開するためのプログラム及びサーバースペースを合わせて提供するサービス。

ホームページ
:本サービスを利用してインターネット上に公開される情報。

利用者
:弊社と利用契約を締結し、本サービスの提供を受ける者。

ユーザー
:利用者と同意。

担当者
:利用者が個人ではない場合、本サービスに関する通知を受ける個人。利用者が個人の場合、利用者と同一。

ユーザー登録
:「本サービス」を利用するために、利用を希望するものが弊社に利用者とするよう申請する行為。

登録メールアドレス
:ユーザー登録時に提出したメールアドレス。利用者への通知に利用される。

基本プラン
:本サービスを利用するに当り、弊社が用意した物の中から利用者が選択する。プランによって、料金、提供されるプログラムの機能、記憶領域の容量などが異なる。

基本プラン料金
:選択した基本プランを利用する際に必要な一月当たりの料金。

追加機能
:本サービスを利用するに当り、プランで提供される以外で利用者が使用を申し出た機能。

追加機能料金
:追加機能を利用する際に発生する一月当たりの料金。

利用料金
:基本プラン料金と追加機能料金の合算。

プラン変更
:利用者が、基本プランもしくは追加機能を変更すること。

管理画面
:ホームページを作成・管理するプログラムを操作するための画面。弊社が提供し、利用者が使用。

第2条 (規約の適用)

1.本規約は、「本サービス」の利用に関し、弊社及び第1条(定義)に定義する利用者に適用されるものとします。
2.弊社は、今後「本サービス」に関連して提供する新たなサービス毎に、個別の特約を定める場合があり、当該特約は本規約の一部を構成します。本規約と当該特約の定めが異なる場合には、当該特約が優先するものとします。

第3条 (規約の変更)

1.弊社は、利用者の承諾なく、第26条で規定する方法で利用者に通知することにより、本規約を変更できるものとします。
2.変更後の本規約については、弊社が別途定める場合を除き、公開した時点より効力を生じるものとします。

第二章 (サービスの提供)

第4条 (サービスの開始時期)

弊社と利用者との間で利用契約が締結した時点よりサービスを開始するものとします。

第5条 (サービスの提供時間)

本サービスは、原則として0時からの24時間利用可能とします。ただし、第6条 (サービス停止時間)で定める時間、本サービスを提供しているサーバー、通信機などの機器に不具合が生じた場合は除きます。

第6条 (サービス停止時間)

弊社が必要と判断したタイミングでシステムメンテナンスを行います。メンテナンス期間中はサービスが一時的に停止いたします。また、毎月一日の0時から4時間の間にデータ集計を行うため、管理画面の利用のみ停止いたします。

第三章 利用契約

第7条 (利用申込)

1.「本サービス」は、利用者のみが利用することができるものとします。
2.「本サービス」の利用を希望する者は、本規約を確認し同意した上で、弊社所定の手続に従って利用契約の申込をするものとします。
3.弊社と利用者(利用希望者)との利用契約は、利用希望者からの利用契約の申込みを弊社が審査の上承諾した時に成立するものとします。
4.弊社は、利用希望者から利用契約の申込を受けた月の翌月一日に、第8条(利用申し込みの拒否)に記載の場合を除き、契約を締結するものとします。
5.利用契約の申込から、利用契約の締結までの期間、弊社はその判断により、「本サービス」と同等のサービスを無料且つ無保証にて利用契約申込者に対して提供するものとします。

第8条(利用申込みの拒否)

弊社は、利用希望者が次の各号の一に該当する場合、利用契約を拒否することができるものとします。
(1)利用者が実在しない場合
(2)利用契約の申込みに虚偽の内容があった場合
(3)利用契約の申込後、弊社が指定する期日までに所定の利用料金を支払わない場合
(4)本規約第25条の禁止事項に違反するおそれがあると弊社が判断した場合
(5)弊社の業務の遂行上または技術上支障がある場合
(6)その他弊社が利用契約の申込みを拒絶することが相当と判断する場合

第9条 (変更の届出)

弊社は、次の各号の変更を承諾した場合は、弊社内で定めた手続きに従い変更された事項を適用します。
1.利用者は、申込手続きの記載項目について変更があった場合は、すみやかにその旨を弊社所定の方法により弊社に届け出るものとします。
2.利用者は、本サービスのプラン変更を行う場合、弊社所定の方法にて弊社に届け出るものとします。
3.利用者は、利用料金の返金を希望する場合は、口座振込みに関する情報を弊社所定の方法により、弊社に申し込むものとします。

第10条 (利用者及び担当者)

1.利用者は、利用者登録手続において、担当者を定めるものとします。ただし、利用者が個人である場合、利用者が担当者となります。
2.利用者は、本規約を遵守しなければならないものとします。万一利用者が本規約に違反した場合、弊社は、当該利用者の登録を抹消し、または利用者の利用契約を解除することができるものとします。
3.担当者は、弊社からの通知内容について自己の責任において利用者に周知するものとします。
4.利用者が、利用者以外の第三者に本サービスを利用させる場合、利用者は、当該第三者に本規約を遵守させなければならないものとします。また、利用者は、当該第三者の行為の一切について責任を負い、弊社に対し、損害、損失、費用その他一切の迷惑をかけないものとします。

第11条 (登録メールアドレス及びパスワードの管理)

1.利用者は、登録メールアドレス及びパスワードの管理責任を負うものとします。
2.利用者は、登録メールアドレス及びパスワードを秘密として扱い、弊社が認める場合を除き第三者に提供、譲渡、貸与、名義変更、売買等をしてはならないものとします。
3.登録メールアドレス及びパスワードの紛失、盗難、失念、管理不十分、公開、使用上の過誤、第三者の使用等による損害の責任は利用者が負うものとし、弊社は一切責任を負いません。
4.利用者は、第三者に使用されていることが判明した場合には、直ちに弊社にその旨を連絡するとともに、弊社からの指示がある場合にはこれに従うものとします。
5.利用者は、定期的にパスワードを変更すると共に、不適当な第三者がアクセス出来る場所に記録を残さない、第三者が容易に想像できるパスワードを使用しない等の義務があるものとします。
6.前号に記載の義務を怠ったことにより利用者または第三者に発生した損害に関して、弊社は一切責任を負わないものとします。

第12条 (権利の譲渡)

利用者は、「本サービス」の提供を受ける権利を譲渡することはできません。

第13条 (利用者が行う契約の解除)

1.利用者は、利用契約を解除しようとするときは、弊社所定の方法によりその旨を弊社に通知する必要があります。この場合、通知のあった当該暦月の 末日に利用者契約の解除があったものとします。弊社は、契約解除後速やかに「本サービス」の提供を停止します。また、弊社は、弊社の判断により、本サービ ス内のデータを消去することができるものとします。
2.本条に従い「本サービス」利用契約が終了した場合、利用者は、終了の日までに発生する弊社に対する債務の全額を、弊社の指示に従い、一括して支払うものとします。 なお弊社は、既に支払われた利用料金を、一切払戻し致しません。
3.前項の場合において、その利用中に係る利用者の一切の債務は、利用契約の解除があった後においてもその債務が履行されるまで消滅しません。

第14条 (弊社が行う契約の解除)

1.利用者が以下の各号の一に該当する場合、弊社は、事前に催告することなく、直ちに当該利用者等の利用資格を取消し、利用契約を解除することができるものとします。
(1)第25条(禁止事項)の行為を行った場合
(2)弊社への申告、届出内容に虚偽があった場合
(3)利用料金の支払債務の履行遅延または不履行があった場合
(4)第17条(利用停止)の規定により「本サービス」の利用停止をされた利用者が、その事実を解消しない場合
(5)利用者が法人の場合で次の各号の一に該当する場合
イ.差押え・仮差押え・仮処分・強制執行等を受けたとき
ロ.手形・小切手が不渡りになったとき
ハ.支払の停止があったとき、または破産、民事再生手続開始、会社更生手続開始、会社整理開始もしくは特別清算開始の申立てがなされたとき
ニ.解散もしくは事業が廃止になったとき
ホ. 公租公課の滞納処分を受けたとき
(6)その他、本規約に違反した場合
(7)その他、利用者として不適切と弊社が判断した場合
2. 前項による解除の場合、弊社は契約解除後速やかに「本サービス」提供を停止します。また弊社は、弊社の判断により、本サービス内のデータを消去することができるものとします。
3.第1項の規定により利用契約が解除された場合、利用者は、その利用中に係る一切の債務につき当然に期限の利益を喪失し、残存債務の全額をただちに支払うものとします。
4.第1項の規定に従い利用資格が取り消された場合、当該利用者は、取消の日までに発生した利用料金、「本サービス」に関連する弊社に対する債務の全額を、弊社の指示する方法で一括して支払うものとします。なお弊社は、既に支払われた利用料金を、一切払戻し致しません。
5.弊社は、利用者に対し、利用契約期間中であっても、1か月前に弊社が適当と判断する方法による通知をした上、利用契約の一部または全部を解除し、終了 させることができます。この際、先に利用者から支払われた利用額の残額分を、利用者指定の口座に振り込むことで返金します。

第15条 (利用契約の契約期間)

1.利用契約の締結から、一年間を契約期間と定めます。
2.利用契約の契約期間が終了する日(以下「契約終了日」といいます。)の10日前までに、利用契約者から特に申し出がないときは、契約終了日をもって利用契約はさらに同一期間更新されるものとし、以後も同様とします。

第四章 利用中止及び利用停止等

第16条 (利用中止)

1.弊社は、次の場合には、「本サービス」の提供を中止することがあります。
(1)システム拡張、メンテナンス、その他システムを提供するにあたり必要な事由によりシステムやサーバ等のセンター設備の一部もしくは全部を停止させる場合
(2)弊社の「本サービス」用設備の保守上または工事上やむを得ない場合
(3)第18条 (非常事態における利用中止)に定める場合
(4)弊社が設置する電気通信設備の障害その他やむを得ない事由が生じた場合
(5)その他、弊社が「本サービス」の提供の全部または一部を中止することが望ましいと判断した場合
2.弊社は前項に基づく「本サービス」の提供の中止によって生じた利用者及び第三者の損害につき一切責任を負いません。
3.弊社は、第1項の規定により「本サービス」の提供を中止するときは、あらかじめその旨を担当者に通知します。ただし、緊急の事態などやむを得ない場合は、事前の通知なしに利用中止することができます。

第17条 (利用停止)

1.弊社は、利用者が次の各号のいずれかに該当する場合は、「本サービス」の利用を停止することがあります。
(1)第25条(禁止事項)に記載される行為を行った場合
(2)支払期日を経過してもなお利用料金を支払わない場合
(3)第34条(著作権)第3項の規定に違反した場合(第28条(情報の削除)第1項により、情報を削除された場合も含みます。)
(4)その他、本規約に違反した場合
(5)その他、弊社が不適当と判断する行為を行った場合
2.弊社は前項に基づく「本サービス」の提供の停止によって生じた利用者及び第三者の損害につき一切責任を負いません。
3.弊社は、第1項の規定により「本サービス」の利用停止をするときは、あらかじめその旨および理由、利用停止をする日及び期間を担当者に通知します。ただし、緊急の事態などやむを得ない場合は、事前の通知なしに利用停止することができます。

第18条 (非常事態における利用中止)

1.弊社は、天災、事変、その他の非常事態が発生し、または発生するおそれがある場合において、担当者に事前に通知することなく「本サービス」の提供の全部または一部を中止する措置をとることがあります。
2.弊社は、前項に基づく「本サービス」の提供の中止によって生じた利用者及び第三者の損害について一切責任を負いません。

第五章 利用料金

第19条 (利用料金体系)

1.利用者が弊社に支払う利用料金は以下の合算とします。
(1)基本プラン料金
(2)追加機能料金
2.弊社が適宜利用者に提供する新しいサービス等の利用料金については、本規約第26条で規定する方法を用いて担当者に通知し、これをもって新利用料金とします。
3.弊社は、既存の基本プランまたは新たに設ける特定の基本プランを利用するお客様について、データ転送量に応じて料金を弊社に支払うべき旨を定める場合 があります。データ転送量とは、本サービスのサーバ上のお客様の領域から他所、または他所から本サービスのサーバ上のお客様の領域へ転送される単位時間当 たりのデータ量をさします。

第20条 (利用料金の計算方法)

1.利用料金は、弊社の定める方法により、毎月1日に算出するものとします。
2.弊社は、前項の歴月の起算日から次の歴月の起算日の前日までの間(以下「料金月」といいます。)に従って計算します。
3.弊社は、弊社の業務の遂行上やむを得ない場合は、前項の料金月を変更することがあります。
4.利用者によってプラン変更が行われた場合、プラン変更の申請のあった次の歴月の料金より、変更後の料金となります。

第21条 (消費税等相当額の取扱い)

1.利用者は、「本サービス」の提供に係る消費税等相当額を負担するものとします。
2.弊社は、消費税等相当額の計算において、その計算結果に1円未満の端数が生じた場合は、その端数を切り捨てます。

第22条 (利用料金の支払)

1.利用者は、別段の定めがない限り、利用料金を弊社が指定する方法で支払うものとします。
2.利用料金の支払が口座振込による場合、利用者は口座振込を行う毎にこれらに係る手数料の支払を要します。
3.弊社は、利用者の承諾を得ることなく、弊社が適当と判断する方法で利用者に事前に通知することにより、前項に定める料金及びその支払い方法等を変更することができるものとします。
4.弊社は、「本サービス」利用契約の終了、「本サービス」利用資格の取消、利用者資格の取消、その他事由の如何を問わず、既に支払われた利用料金を、一 切払戻し致しません。ただし、第14条 (弊社が行う契約の解除)の第5項に定める場合に限り、利用者からの希望があった場合に払戻を受け付けます。
5.弊社は、プラン変更によって利用料金が変動し既に利用者が支払っている利用料金を下回った場合、その差額分から弊社所定の手数料を差し引いた分について、利用者からの希望があった場合に払戻を受け付けます。

第23条 (遅延利息)

1.利用者は、「本サービス」の利用料金(延滞利息を除きます。)について支払期日を経過してもなお弊社に対して支払わない場合には、支払期日の翌 日から起算して支払の日の前日までの日数について、遅延利息として弊社が指定する期日までに支払っていただきます。この場合、遅延利息は支払いを遅延した 全額に対し年14.5%の割合で発生するものとします。
2.弊社は、前項の計算結果に1円未満の端数が生じた場合はその端数を切り捨てます。

第六章 利用者の注意

第24条 (「本サービス」の利用)

1.利用者は、本規約、別に定める特約およびその他弊社が随時通知する内容に従い、「本サービス」を利用するものとします。
2.利用者は、「本サービス」を通じて発信する情報につき一切の責任を負うものとし、弊社に何等の迷惑または損害を与えないものとします。
3.「本サービス」の利用に関連して、利用者が他の利用者もしくは第三者に対して損害を与えた場合、または、利用者が他の利用者もしくは第三者と紛争を生じた場合、当該利用者は自己の費用と責任で解決するものとし、弊社に何等の迷惑または損害を与えないものとします。

第25条 (禁止事項)

利用者は、「本サービス」の利用にあたって以下の各号に定める行為を行ってはならないものとします。
(1)他の利用者、第三者もしくは弊社の著作権、その他の権利を侵害する行為、または侵害するおそれのある行為
(2)他の利用者、第三者もしくは弊社の財産もしくはプライバシーを侵害する又は侵害するおそれのある行為、もしくは名誉を毀損する又は毀損するおそれのある行為
(3)他の利用者、第三者もしくは弊社に不利益もしくは損害を与える行為、またはそれらのおそれのある行為
(4)「本サービス」の運営を妨げる行為
(5)「本サービス」の信用を毀損する行為
(6)公序良俗に反する行為
(7)登録メールアドレス及びパスワード等を不正に使用する行為
(8)コンピューターウィルス等の有害なプログラムを「本サービス」を通じて又は「本サービス」に関連して使用し、もしくは提供する行為

第26条 (利用者等への通知)

弊社は、次の各号に定める事由が生じたときは、その旨を担当者に通知します。この場合、弊社は、利用者が次項の通知を受けることができるよう、通知 内容をサイト上の適当な場所へ掲載するか、あるいは電子メール等を用いて担当者に通知します。なお、サイト上への掲載、もしくは担当者への通知の発信、電 子メールの場合は電子メールを担当者が指定した電子メールアドレスに発信した時点をもって各利用者に通知したものとみなします。
(1)本規約の変更
(2)新たなサービス及び機能の提供
(3)利用料金の変更
(4)利用時間の変更
(5)「本サービス」の利用中止
(6)その他、「本サービス」の提供条件の変更

第27条 (設備等の準備)

利用者は、通信機器、ソフトウェア、その他これらに付随して必要となる全ての機器の準備および回線利用契約の締結、インターネット接続サービスへの加入、その他、「本サービス」を利用するために必要な準備を、自己の費用と責任において行うものとします。

第28条 (情報の削除)

1.利用者は、利用者による本サービスの利用と本サービスを利用してなされた一切の行為について責任を負い、「本サービス」を通じて発信される情報について、自ら管理責任を負うものとします。
2. 前項にかかわらず、弊社または弊社が指定した者は、利用者がインターネット上で提供した情報または文章等が、以下の各号に定める事項に該当すると判断した 場合、担当者に通知するとともに(ただし、緊急やむを得ない場合は、担当者へ通知することなく削除することがあります。)、当該情報または文章等を削除す る権利を留保するものとします。
(1)第25条(禁止事項)各号の禁止行為を行った場合
(2)弊社が、「本サービス」の保守管理上必要であると判断した場合
(3)登録、提供された情報または文章等の容量が所定の記録容量を超過した場合
(4)その他、弊社が削除の必要があると判断した場合
3.前項の規定は、弊社または弊社が指定した者に同項に定める措置を講ずべき義務を課すものではありません。
4.弊社もしくは弊社が指定した者は、本条の規定に従い情報を削除したこと、または情報を削除しなかったことにより、利用者もしくは第三者に発生した損害について、一切責任を負いません。

第29条 (情報の管理)

1.弊社は、「本サービス」の内容、及び利用者が「本サービス」を通じて得る情報等について、その完全性、正確性、確実性、有用性等いかなる保証も行いません。
2.弊社は、利用者が本サービスを利用できる動作環境にあることを何ら保証するものではありません。
3.「本サービス」の提供、遅滞、変更、中止もしくは廃止、「本サービス」を通じて登録、提供される情報等の流失もしくは消失等、またはその他「本サービス」に関連して発生した利用者の損害について、弊社は本規約にて明示的に定める以外は一切責任を負いません。
4.利用者は、「本サービス」を使用して受信し、または送信する情報については、「本サービス」用設備の故障による消失を防止するための措置をとるものとします。

第30条 (他ネットワーク接続)

1.「本サービス」の取り扱いに関しては、外国の法令、国内外の電気通信事業者等が定める契約規約等により制限される場合があります。
2.利用者が国内外の他のネットワークを経由して通信を行う場合、利用者は経由する全ての国の法規、通信業者の規約等および全てのネットワークの規則に従う必要があります。

第七章 保守

第31条 (弊社の維持責任)

1.弊社は、弊社が提供する「本サービス」の品質が少なくとも現在の業界における標準を満たし、かつ「本サービス」の利用が第5条 (サービスの提供時間)で示す提供時間中に利用可能であるようにすることを確保するため、商業的事業として合理的範囲における努力をする責任を負うものと します。
2.弊社は、弊社の会員が作成したデータのバックアップデータを技術上及び運用上等の問題がない限り、可能な範囲で弊社の定める方法により作成します。弊 社は、弊社のデータを格納する媒体の故障によりデータが消失した場合、そのデータを可能な範囲でバックアップデータから復元するよう努めます。

第32条 (利用者の維持責任)

1.利用者は、「本サービス」の提供に支障を与えないために利用者の端末設備を正常に稼動するように維持する責任を負うものとします。
2.「本サービス」の利用中に利用者が弊社の設備またはサービスに異常を発見したときは、利用者は利用者自身の設備等に故障がないことを確認のうえ、弊社に修理または復旧の旨を請求するものとします。

第八章 雑則

第33条 (著作権等)

1.利用者は、「本サービス」を通じて提供されるいかなる情報についても、権利者の許諾なくして著作権法で定める利用者個人の私的使用の範囲を超えて使用することはできません。

2.利用者は、「本サービス」を通じて提供されるいかなる情報についても、権利者の許諾なく、第三者をして使用させ又は公開させることはできません。

3.「本サービス」内で提供されるデザインテンプレート内で使用されている画像について、その権利を弊社もしくは画像の作成者が有しております。利用者は、権利者の許諾なくして加工・再利用することはできません。

4.本条の規定に違反して問題が発生した場合、利用者は、自己の費用と責任においてかかる問題を解決するとともに、弊社に何等の迷惑または損害を与えないものとします。

第34条 (損害賠償及び弊社の免責)

1.弊社の責に帰すべき事由により利用者が「本サービス」を全く利用できない(弊社が「本サービス」を全く提供しない場合または弊社の設備の障害に より利用者が「本サービス」を全く利用できない場合、以下「利用不能」とします)ために利用者に損害が発生した場合、利用者が利用不能となったことを弊社 が知った時刻から起算して24時間以上(休業日除く)利用不能の状態が継続したときに限り、弊社は、利用不能時間数を24で除した商(小数点以下の端数は 切り捨て)に当該利用者の月額の利用料金(基本サービスの利用料金またはオプションサービスの利用料金)の30分の1を乗じて算出した額を賠償の限度とし て、当該利用者に現実に発生した通常かつ直接の損害の金銭賠償請求に応じるものとします。ただし、本規約第18条(非常事態における利用中止)または第 16条(利用中止)並びに第17条(利用停止)の定めに従って「本サービス」の提供を中止する場合を含まないものとします。

2.弊社は、弊社の責に帰すべからざる事由によって利用者に生じた損害、弊社の予見の有無に拘らず特別の事情から生じた損害、逸失利益、及び第三者からの損害賠償請求に基づく利用者の損害その他の損害については責任を負わないものとします。

3.天災、地変、戦争、内乱、その他の不可抗力により「本サービス」を提供できなかったときは、弊社は一切その責を負わないものとします。

4.弊社は、事由の如何にかかわらず、利用者が「本サービス」用設備のファイルに書き込んだ情報の消滅及び消滅したことに起因して当該利用者に損害が発生したとしても、一切責任を負わないものとします。

5.利用者が「本サービス」の利用に関連して、弊社または第三者に損害を及ぼした場合、利用者は、弊社または当該第三者に対し、かかる損害を賠償する責任を負うものとします。

6.利用者は、「本サービス」の利用に関連し、他の利用者または第三者に対して損害を与えたものとして、他の利用者または第三者から何らかの請求が なされ、または訴訟が提起された場合、当該利用者の属する利用者は、自らの費用と責任において当該請求または訴訟を解決するものとし、弊社は一切の責任を 負わないものとします。

7.弊社は、前項の他、「本サービス」の利用に関連して、利用者が不利益を被った場合、当該利用者が属する利用者が、自らの費用と責任において、これを解決するものとし、一切責任を負わないものとします。

第35条 (秘密保持)

弊社は、「本サービス」の提供に関して知り得た利用者の秘密情報を第三者に漏洩しない責任を負うものとします。ただし、裁判所の発する令状に基づいて行われる捜査機関への情報の開示または捜査機関による通信の傍受の場合はこの限りではないものとします。

第36条 (個人情報の取扱い)

弊社は、利用者が弊社に届け出た電子メールアドレスなどの個人情報を、別途定める弊社の「プライバシー・ポリシー」に基づき、適切に取り扱うものとします。

第37条 (分離性)

本規約のいずれかの条項が無効とされた場合であっても、本規約の他の条項は、継続して完全な効力を有するものとします。

第38条 (準拠法)

本規約の成立、効力、解釈及び履行については、日本国法に準拠するものとします。

第39条 (紛争の解決)

1.「本サービス」に関連して利用者と弊社との間で問題が生じた場合には、利用者と弊社で協議し解決するもの とします。
2.協議による解決を図ることができない場合、さいたま地方裁判所を第一審の専属的合意管轄裁判所とします。


ラクマスCMSが実現するメリット

・簡単に作成・更新できる ・作成時間削減 ・費用削減(格安作成)
・アクセスアップ(SEO) ・企業サイトとしてのデザイン ・安心テンプレート
・サポートでバックアップ ・簡単ホームページ作成方法  
・簡単ホームページ作成・制作・更新・方法!CMSでブログの様に自分で作成
・ラクマスオフィシャルサイト ホームページ作成ツール商用、簡単、初心者OK

無料おためしトライアル オリジナルデザインおまかせパック